NEW POST
通知エリアサンプル

ズワイガニは6種類【完全版】特徴や値段・味の違いについて分かりやすく解説してみた


カニの王様でもあるズワイガニ。

そんなズワイガニですが、一言で『ズワイガニ』といっても種類があり2020年3月現在6種類あります。

つまり、ズワイガニの種類について知らないと、以下のような出来事に遭遇してしまう可能性も残念ながら考えられるんですよね(>_<)

  • ズワイガニの中でもマイナーなズワイガニを旅館で出された
  • 通販でよく分からないズワイガニを買わされた

同じ日本人でも、住んでいる地域によって話し方や服装・生活習慣等が微妙に変わるのと同じイメージです(^^)

この記事で正しくズワイガニについて知っていただき、失敗しないズワイガニ選びの参考になれば嬉しいです!

ちなみに、結論から先にお伝えしますと多くの方は『ズワイガニ=オスの本ズワイガニ』と認識しています(^^)

香住駅のカニ・オブジェ

その為、上の画像のようにオブジェとしての人気も高いです。

 

まとめ
  • 私達が呼んでるズワイガニ=本ズワイガニ
  • オスとメスによって呼び名が違う
  • 水揚げ場所によっても名前(ブランド)が変わる
  • 私達が目に触れるズワイガニの90%以上は上の表3種類のズワイガニ
本ズワイ 大ズワイ 紅ズワイ
種類 オピリア種 バルダイ種
人気
大きさ 大きい 一番大きい 普通〜小さい
身がびっしり+甘い 身が大きい 水分が多い
タイセイヨウ ミゾズワイ トゲズワイ
種類
人気
大きさ 大きい 普通〜小さい

代表的なズワイガニの種類/本ズワイ・大ズワイ・紅ズワイ

本ズワイカニ/一番人気

ズワイガニ

分かりやすく『本ズワイカニ』と記載していますが、一般的にズワイガニと言われている種類のカニはこちら。

カニ旅行等でいただくズワイガニの大半は本ズワイカニですね(^^)

そんな本ズワイカニ最大の魅力は『味』

カニ身の甘み・水々しさ・カニ味噌の濃厚さ等、全てのバランスが良く、様々なカニ料理との相性抜群です。

国内で最も人気の高いズワイガニの為、水揚げ地域によっては独自のネーミングを付けて販売しています(^^)

いわゆるズワイガニのブランド化ですね。

カニ名産地で水揚げされたカニの中でも特に品質の高いカニには『漁港や船のタグ』を付けて通常価格の数倍の値段で販売されています。

オオズワイガニ/大型の海外ズワイガニ

日本海には生息していない種類のカニ。

その為『オオズワイガニ=海外で水揚げされたカニ』と認識してください。

カニ好きなら知らない人はいないベーリング海で水揚げされたカニとしても有名です(^^)

そんなオオズワイガニを特徴を簡単に表すとこんな感じ。

  • 本ズワイカニと比べると少々大雑把な味
  • 全体的に大きい

ただ、カニ名産地の旅館ではしっかり区別されていますが、一部通販サイトだと『本ズワイカニ・オオズワイガニ=ズワイガニ』として販売されてるケースも確認しました。

通販でズワイガニを購入するなら、取り寄せ業者の選び方が重要になりますね。

紅ズワイガニ/値段が安い紅色のズワイガニ

紅ズワイガニ

ズワイガニより深い水深に生息しており、カニ漁の漁期が長い為比較的安い値段で購入できるカニ。

また、深い水深に生息している為他のカニと比較すると水分量が多く、水々しく非常に甘いのも魅力の一つ。

一昔前までは紅ズワイガニはまずいと言われていたようですが、近年の鮮度保持技術向上により長時間の日持ちに成功。

ですが、人気の本ズワイカニと比較すると、一回り小さい為カニ鍋や焼きガニよりはカニの味噌汁やカニ寿司等の加工料理に使うケースが多いです。

  • 鍋料理や焼きガニをしたいわけじゃない
  • 軽い感じのカニ料理を作りたい
  • コスパの良いズワイガニが欲しい

漁期が長いので欲しい時に比較的簡単に手に入りやすいののも支持されているポイントの一つかと思います。

 

あまり知られていないズワイガニ3種類

  • 本ズワイカニ
  • オオズワイガニ
  • 紅ズワイガニ

上、3種類のズワイガニが一般的に『ズワイガニ』と呼ばれるカニ。

私達がズワイガニとして食べるカニの大半は、上3種類のいずれかに分類できます(^^)

ですが、海外に目を向けてみると上記3種類のズワイガニ以外にも3種類、計6種類のズワイガニがいるんです!

  • タイセイヨウズワイガニ=グリーンランド周辺に生息(見た目は本ズワイカニに似てる)
  • トゲズワイガニ=甲羅の端にトゲがある・オホーツク海周辺で採れ訳ありガニとして購入できるケースが多い
  • ミゾズワイガニ=カナダ沖・ベーリング海周辺に生息

あまり知られていないマイナーなズワイガニ・3種類の中で一番見かけるのは『トゲズワイガニ』でしょうか。

大型でありながら、本ズワイカニやオオズワイガニと比較すると安い値段で購入できる場合が多い為、ズワイガニ食べ放題に使われてる場合が多いですね。

 

本ズワイカニのブランド/地域によって名前が違う

『画像・エックスマインドみたく』

そんなズワイガニの種類をややこしく困惑させているのが『ブランド化現象』です。

ズワイガニには地域によって様々な呼び名があり、この呼び名のせいで『ズワイガニには数え切れない程の種類がある』と誤解されがちですが・・・実は呼び名が違うだけで全て本ズワイカニ

地域によって呼び名が違うズワイガニ。
あなたの地域ではどんな呼び名でしょうか?
コメント欄にて教えていただけると嬉しいです。

オスのブランドガニ一覧

  • 越前ガニ
  • 加能ガニ
  • 津居山ガニ
  • 柴山ガニ
  • 松葉ガニ
  • 間人ガニ
  • 芳ガニ

メスのブランドガニ一覧

  • クボガニ
  • コウパコガニ
  • セイコガニ
  • 親ガニ
  • セコガニ

さいごに

紅ズワイガニのカニ身

  • おいしいカニを食べたい=本ズワイガニ
  • 大型のカニが食べたい=オオズワイガニ
  • カニ料理にコスパの良いカニを使いたい=紅ズワイガニ

種類別にズワイガニの用途を紹介するなら、上記のような感じになります(^^)

ですが、紅ズワイガニでもカニ鍋として食べることもありますし、あくまで一例としてお考えください(^^)

可能なら、是非食べ比べて頂き『あなたにとって一番のズワイガニ』を見つけてほしいですね。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました