NEW POST
通知エリアサンプル
カニ漁解禁日

カニ解禁日はいつ【11月6日からは間違い】カニの種類別まとめ/2019年度版


  • カニ旅行を計画中
  • 解禁されてすぐのカニが食べたい

カニのシーズンになると『カニの解禁日』が気になりますよね(^^)

そして、多くのWEBサイトでは『カニの解禁日=11月6日から翌年3月20日まで』と紹介しているかと思います。

ですが、これは半分正解で半分間違いです(>_<)

一体どういうことなのか?

この記事を通じてカニの解禁日についてご紹介します。

ズワイガニ漁の海域で解禁日が変化

茹でた後のズワイガニ・顔

カニの王様でもあるズワイガニ!

そんなズワイガニの解禁日を多くの情報サイトが『カニの解禁日』として紹介していますが、この解禁日はズワイガニのとある地域の解禁日に過ぎません(>_<)

まず、ざっくりと紹介しますとズワイガニの解禁日は『海域』によって微妙に変化します。

『画像・日本地図』

  • 新潟県より北/10月1日から
  • 富山県より西/11月6日から

新潟県より北/10月1日から翌年5月末

新潟より北では『10月1日から翌年5月末まで』がズワイガニ漁の解禁日となっています。

この先で紹介する富山県より西の地域より1ヶ月早くズワイガニ漁ができる為、カニを待ちきれないカニマニアの旅行先としても有名です(^^)

富山県より西/11月6日から翌年3月20日

富山県より西の地域では『11月6日から翌年3月20日まで』となっており、期間は約5ヶ月程。

その為新潟県より北の地域より希少価値が高いことから、高値で販売されているズワイガニでもあります。

ちなみに、人気度で比較してみても富山県より西地域のズワイガニの勝ち。

  • 一番有名なカニがズワイガニ
  • 富山県より西地域のカニが人気

この2つの理由が『カニの解禁日=11月6日から翌年3月20日まで』と言われる理由でしょうね(^^)

ちなみに、有名所のズワイガニと言えば下の地域で水揚げされたズワイガニですが、ご覧の通り『全て富山県より西の地域』です!

  • 鳥取・兵庫の山陰地方=松葉ガニ
  • 丹後半島=間人ガニ
  • 兵庫県但馬地方=柴山ガニ・津居山ガニ
  • 福井県=越前ガニ
  • 石川県=加能ガニ

聞いたことがあるブランドガニばかりですよね!

これらの地域で水揚げされたズワイガニは『11月6日』から漁が解禁され、市場に出回るのは11月7日のズワイガニになります。

 

ズワイガニの漁期はオス・メスで変化(富山より西)

  • ズワイガニは地域によって解禁日が違う
  • 新潟県より北=10月1日から解禁
  • 富山県より西=11月6日から解禁
  • ※人気の高いズワイガニは富山県より西の地域に集中してる

そんな地域によって違うズワイガニの解禁日。

カニの中で一番人気なのでもう少し深く説明しますと、解禁日はメス・オス同じでも※漁期が違います。

漁獲が行われる時期

メスのカニ(セコ・香箱ガニ)は解禁日から翌年1月10日

  • 小ぶり
  • 内子と外子あり
  • 漁期が非常に短い

漁期はたった3ヶ月程しかないメスのズワイガニ。

環境保護の関係が理由かと思いますが、少々短いので非常にレアなズワイガニとして有名です(^^)

但し、オスと比較すると非常に小さい為、カニ料理で人気のカニ鍋やカニのしゃぶしゃぶ用としては少々不向きですね(>_<)

オスのカニ(松葉・越前・加能ガニ)は解禁日から翌年3月20日

  • 多くの方がズワイガニと認識しているのがオス
  • カニの王様的存在

つまり、多くの情報サイトで言われれているカニ漁解禁・及び漁期は『オスのズワイガニ』という事になります。

 

紅ズワイガニの解禁日

紅ズワイガニ

  • ズワイガニより深い水深に生息
  • 甲羅全体が紅い
  • 値段が安い
  • 水々しいプルップルのカニ身が特徴

一部では紅ズワイガニはまずいと言われているようですが、これは全くの誤解。

水分たっぷりのカニ身はカニ味噌汁やカニ寿司にピッタリでして、ズワイガニと比較して漁期が長い為、地元民から愛されているカニです(^^)

9月1日から翌年6月末

香住ガニ(紅ズワイガニ)

  • 解禁日は9月1日
  • 漁期は9月1日から翌年6月末まで

ズワイガニと比較すると約2倍の漁期!

11月6日にズワイガニ漁が解禁されるまでのカニ料理の主役は紅ズワイガニになります。

ちなみに、松葉ガニ(香住・柴山ガニ)を水揚げしている兵庫県但馬地方の香美町では、毎年解禁日に合わせてカニのお祭りを開催しています(^^)

実際に紅ズワイガニの解禁を祝った祭りに参加したレポは、下の関連記事に詳しく記載しました!

香美町以外でも解禁を祝ってお求めやすい値段でとれたてのカニを販売していますので、お時間があれば足を運んでみるのもありかと思います。

香住カニまつり【2019年レビュー】大型駐車場完備で香住カニを格安購入可能
兵庫県・但馬地方の海に面した町・香住(現:香美町)そんな関西屈指のカニ名産地として有名な町で、1年間に1回しか開催さ...

 

毛ガニの解禁日

冷凍毛ガニ・解凍前

ズワイガニや紅ズワイガニは『○月から○月まで』と紹介できましたが、北海道を中心に水揚げされる毛ガニは別。

一応毛ガニのおいしい旬と呼ばれる時期はありますが、基本的に毛ガニは一年中食べることが出来ます。

つまり、毛ガニの解禁日は無いという事になりますね。

年中解禁/水揚げ地域によって異なる

毛ガニの旬・一覧表

  • 冬=日高や岩手県
  • 春=オホーツク(流水明け毛ガニ)
  • 夏=登別・白老町沖
  • 秋=十勝・釧路

北海道を中心に水揚げされている毛ガニ。

そんな毛ガニは北海道でも地域によって全く時期が違います。

年中どこかの地域で毛ガニ漁が行われていますが、毛ガニの中でも一番美味しい&高級と評されるのは、春先のオホーツク海で水揚げされた流水明け毛ガニです!

 

さいごに/カニの種類で解禁日が大きく変化

  • ズワイガニ=新潟県より北は10月1日から
  • ズワイガニ=富山県より西なら11月6日から
  • 富山県より西=オス:11月6日〜翌年3月20日
  • 富山県より西=メス:11月6日〜翌年1月10日
  • 紅ズワイガニ=9月1日から翌年6月末
  • 毛ガニ=一年中(春先のオホーツク海・毛ガニが一番人気)

カニの解禁日を調べている方の多くが『カニ=ズワイガニ』と思った検索していますので、情報サイトもズワイガニの解禁日を紹介していますが、ご覧の通りカニによって全く違うことが分かっていただけたかと思います(^^)

カニ旅行の参考にしていただけたら嬉しいです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました