NEW POST
通知エリアサンプル

ズワイガニとタラバガニの違いを完全解説/どっちを買えばいいのか結論


『ズワイガニ』と『タラバガニ』

この2種類のカニは、カニ業界でも特に人気が高く、迷ったらこの2種類のカニの中から購入すれば大丈夫・失敗しないと言われている程の人気・安定感が特徴です。

ですが、カニマニアから率直な意見をお伝えしますと、ズワイガニとタラバガニは皆さんがイメージしている以上に違います。

つまり、目的に合わせて最適なカニを選ばないと後悔してしまう可能性が高いですね(>_<)

活きている状態のズワイガニ(松葉蟹)

そして、結論から言いますと、食べ方・目的によって違いますが『迷ったらズワイガニ』を選んでおけば大丈夫!

その気になる理由を詳しく解説しています(^^)

ズワイガニとは

表面裏面

ズワイガニの表面

ズワイガニの裏面

  • エビ目カニ下目クモガニ科
  • 一般的にズワイガニと認識されているのはオス
  • 一部地域では『松葉蟹まつばがに』と呼ばれている(京都丹後半島から島根県沖合)
  • 一部地域では『越前蟹えちぜんがに』と呼ばれている
  • 足は10本
  • かにみそが食べれる
  • 数あるカニの中で一番人気が高い

ズワイガニはカニ業界内で最も有名なカニ。

『有名とはなんぞや?』と聞かれると答えづらいのですが、カニを食べたいとお考えの方は、以下のようなシーンをイメージするのではないでしょうか?

  • 帰省した際に家族皆でカニ鍋
  • 大阪のカニ道楽
  • 焼きガニ

上記のようなシーンで利用されているカニこそ『ズワイガニ』なのです。

ほぼ全てのカニのオブジェではズワイガニが利用されていますし、カニ料理ではズワイガニを使用するのが定番化しています(^^)

また、カニのブランド化に成功したカニでもあり、京都の丹後半島から島根県沖合で水揚げされたカニの事を『松葉蟹』と呼び、2019年の初競りでは1匹500万円の値がつきました!

ただ、値段が異常に高騰するのは初競りのみ。

お求めやすい価格帯と、幅広い料理に使える最も定番的なカニがズワイガニです(^^)

タラバガニとは

只今撮影中です。しばらくお待ち下さい。
只今撮影中です。しばらくお待ち下さい。
  • エビ目ヤドカリ下目タラバガニ科
  • (食べれる)足は8本
  • 前方にも歩ける
  • 全体的にトゲが多い
  • ズワイガニより大型
  • かにみそは食べれない(食べないことが一般的 )

北海道やオホーツク海北部・ベーリング海等に生息しているタラバガニ。

ズワイガニとの分かりやすい違いを紹介するなら『大きさ』です。

一回り程タラバガニのほうが大きい為、焼きガニやカニ鍋等お腹いっぱい食べたい時に人気。

食べごたえを意識したい時に選ばれている傾向が強いですよね(^^)

また、タラバガニは学的には実はカニではなくヤドカリの仲間であることはあまり知られていない事実。

かに身の迫力はカニ業界随一ですね(^^)

 

結論/ズワイガニとタラバガニの選び方

『画像』

ズワイガニ タラバガニ
人気
画像 [ズワイガニ画像] [タラバガニ画像]
美味しさ
鍋・お刺身
焼きガニ
安い
かにみそ

※2019年12月現在

買う前に気になる『美味しさ・味』ですが、こればっかりは個人の好みが大きく関係します。

ですので、確認すべきポイントはどの食べ方でカニを食べる予定なのか、が重要。

どちらのカニを選んでも全てのカニ料理は楽しめますが、より美味しく食べるために上の簡易表を参考にしてください(^^)

おすすめズワイガニお取り寄せサイト

ズワイガニ通販

おすすめタラバガニお取り寄せサイト

タラバガニ通販

 

違いを徹底比較

どっちが美味しいのか

一言で言うなら
  • ズワイガニ=繊細・深い味わい
  • タラバガニ=大胆・満腹感

ズワイガニは水深約200mから400m辺りに生息しており、非常にバランスの良い水分量とかに身が自慢。

また、タラバガニでは食べることのできないおいしいかにみそが手に入るのも魅力ですよね(^^)

ですが、タラバガニもズワイガニは無い迫力・食べた感が非常に強く、かなり満足感が生まれます。

水分量はそこまで多くなく、どちらかと言えばあっさりした味わい。

タラバガニの場合は、お鍋も良いのですが『極太の足をそのまま食べる』食べ方が大人気です!

食べ方・調理方法の違い

ズワイガニ タラバガニ
画像 [ズワイガニ画像] [タラバガニ画像]
お刺身
焼きガニ
かにみそ

※2019年12月現在

『味・美味しさ』の項目で必ず知ってほしいのが、かにみそ。

先程も簡単に紹介した通り、厳密に言うとタラバガニやカニじゃない為かにみそ(肝臓部分)は、私達がイメージしている味とは遠くかけ離れています。

つまり、雑に言えばタラバガニのかにみそは美味しくない・むしろまずいと言われることが圧倒的に多いのです(>_<)

  • おいしいカニ鍋目的なら⇒ズワイガニ
  • お刺身やしゃぶしゃぶとして食べるなら⇒ズワイガニ
  • 焼いたり、口いっぱいに頬張りたいなら⇒タラバガニ
  • かにみそを食べたいなら⇒ズワイガニ

白米の上にかにみそをのせる

ですが、最近ではかなりおいしいかにみその缶詰(ズワイガニ)が1,000円程で販売しています。

タラバガニ×かにみその缶詰の合わせ買いも良さそうですね(^^)

値段の違い

  • ズワイガニ=1杯2,000円〜5,000円
  • タラバガニ=1杯4,000円〜10,000円

基本的に値段は、大きさや重さによって決定します。

カニの値段は年々高騰していますが、全体的にはタラバガニよりズワイガニのほうが安く買うことが出来ます(^^)

ご紹介の通り、ズワイガニほうが大型の為、値段が高くなってしまうのは仕方のない部分ですね(>_<)

かにみその違い

ズワイガニのかにみそ

  • ズワイガニ=美味
  • タラバガニ=正確に言うとヤドカリだからかにみそは食べない(食べれるけどまずい)

かに身と同じくらいファンがいる『かにのかにみそ(肝臓)』

ご存知の通り、ズワイガニのかにみそは磯の香りと合わさり美味・絶品ですが、タラバガニのかにみそは基本的には食べません。

生のかにみそを食べるなら、タラバガニは除外して考える必要があります。

 

さいごに/人気・売れ筋なのはズワイガニ

ズワイガニ界隈で特に人気の高い松葉ガニ・山陰地方

  • ズワイガニとタラバガニはカニ業界の2トップ的存在
  • 安いのは⇒ズワイガニ(ブランドガニ除く)
  • おいしいのは⇒両方上手い
  • 味より意識すべき点は⇒食べ方の違い
  • ズワイガニのおすすめ食べ方⇒鍋・お刺身・焼き等全てに対応
  • タラバガニのおすすめ食べ方⇒焼き・ボイル等、豪快に頬張る食べ方
  • かにみそ⇒ズワイガニしか食べれない

『おいしいカニを食べたい』と読者様から定期的に相談をいただくため記事を作成してみました。

そして、この記事で本当に伝えたい部分は『味より食べ方を意識してほしい』の一点です。

カニ鍋ならズワイガニが一番美味しい!

バランスが良く、様々な食べ方・かにみそが楽しめるズワイガニ。

反対に鍋でも楽しめますが、タラバガニの魅力は『焼き・ボイル』がとにかく美味しい&身をとことん頬張れるところ。

この『ズワイガニとタラバガニの違い・選び方』は好みによってかなり意見が変わる部分です。

ですが、迷ったら人気の高いズワイガニを選ぶのが何かと安心ですね(^^)

 

タラバガニ通販
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました