NEW POST
通知エリアサンプル

生冷凍カニとボイル冷凍ガニの違い【まとめ】


最近ではもっぱらカニは通販で買うのが主流ですよね。

そんな通販でカニをお得に購入する時に地味に気になるのが『冷凍する前のカニの状態』

じっくり販売元の公式サイトを眺めていると、生冷凍とボイル冷凍ガニがあるかと思います。

この記事では、そんな2種類の冷凍状態の違いから生み出される特徴を実際に注文・食べた経験から紹介!

極論、どちらでも美味しいカニを食べることができますが、知っておいて損はしない内容となっています(^^)

ボイル冷凍

かに本舗さんの毛ガニ2匹

生冷凍

冷凍される前のカニの状態
既にボイル(茹でた)カニ 手を加えてない状態
茹で
不要
解凍後可
流水解凍
冷蔵庫解凍

生冷凍ガニとは

『画像』

  • 水揚げ
  • 市場で売買
  • そのまますぐに冷凍保存

生冷凍ガニは一切の加工を行っていないカニ。

まさに獲れたてのまま冷凍保存された鮮度抜群のカニです(^^)

火を入れていませんので、食べ方はお好みに合わせて無限大!

使い勝手は最高ですね。

生冷凍ガニの刺身利用は非推奨

生の冷凍ガニを購入予定の方の中には、カニ刺しとして食べることを予定してるかと思います。

ですが、カニ刺し(カニの刺身)は鮮度が非常に重要。

刺身として食べるなら冷凍状態のカニではなく、活きてる状態のズワイガニやタラバガニを購入してください。

カニ刺しの造り方は、下の関連記事をご覧ください。

 

ボイル冷凍ガニとは

\ タップで詳細チェックできます /
ボイル冷凍毛ガニボイル冷凍タラバガニ

冷凍毛ガニ・解凍前

嬉しい無料包装付きのタラバガニ

『ボイル=茹でた』

つまり、名称の通り一度茹でたカニを冷凍した状態を指しています。

この状態の最大のメリットは『解凍するだけで茹でたてが楽しめる』点です。

甲羅を下にして沸騰した鍋に入れる

上の画像や、活カニ(生)と冷凍ガニの茹で方【まとめ】茹で時間はカニの状態によって大きく違う記事内でも紹介していますが、生の状態から茹でるのは正直面倒くさいと感じる方も決して少なくありません。

しかしながら、紹介の通りボイル冷凍ガニは既に一度専門知識を有するプロの手で茹で上がっている為、解凍するだけでそのままパクっと食べることも可能!

使い勝手◎の冷凍ガニになります(^^)

 

食べ方で選ぶと失敗しない

茹でてそのまま食べるなら生冷凍

適度な塩茹ででプルップルになった茹で蟹。

ただ単純に『茹でるだけ』なのでカニ本来の味を体感できるおすすめの食べ方は、生冷凍ガニがおすすめ!

理由
  • ボイル冷凍ガニは再度茹でるのはNG

ですが、確かに解凍してから茹でて食べるなら生冷凍ガニです。

ですが、ボイル冷凍ガニは既にプロの手でボイルされた状態のカニであり、このボイル冷凍ガニなら解凍後にそのままパクっと食べることが可能!

生冷凍ガニ
  • 美味しさ:
  • 自宅で茹でるならこっち
ボイル冷凍ガニ
  • 美味しさ:
  • 面倒な作業(茹で作業)がいやならこっち

自宅で茹でるつもりなら、生冷凍ガニ。

そのまま時間をかけずにパクっと食べたいならボイル冷凍ガニのほうが時短できますね。

カニ鍋で食べるならボイル済み冷凍

タラバガニの鍋

上の画像のように野菜と一緒にぐつぐつ食べるなら『ボイル冷凍ガニ』をおすすめします。

  • 生冷凍ガニだと時間がかかる
  • ボイル冷凍ガニなら火が既に入っている
  • 温めるイメージですぐに食べれる

焼きガニで食べるならボイル済み冷凍

焼きタラバガニ

焼ガニもカニ鍋と同様に『ボイル冷凍ガニ』の購入をおすすめします。

もちろん生冷凍ガニでも美味しい焼きガニを楽しむことは出来るのですが・・・カニ鍋以上に時間がかかります(>_<)

 

さいごに

生冷凍 ボイル冷凍
調理 解凍後に加熱が必要 解凍後にすぐに食べれる
おすすめ料理 茹で蟹・カニ鍋・かにしゃぶ 焼きガニ・カニ寿司
難易度 中級 初級
扱いやすさ

イメージ・響き的には『生冷凍ガニ』のほうが魅力的に感じるかもしれませんが、扱いやすさでは圧倒的にボイル冷凍ガニに軍配があがります。

かにしゃぶなら茹でる必要なく、お鍋の中でしゃぶしゃぶすれば問題なしですが、自宅でカニを調理した経験がない方ですと茹でる時に結構な確率で失敗しています(>_<)

関連記事で詳しく茹で方を紹介していますが、少しでも不安なら既にプロの手で茹で上がったボイル冷凍ガニが最適ですね。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました