NEW POST
通知エリアサンプル

プーパッポンカリー(バンコク・ソンブーンレストラン本店)突撃!美味しいカニカレーを実食


タイ・バンコクでは超有名店!

私達のような観光客だけじゃなく、地元民にも愛されている『ソンブーン・シーフードレストラン』

今回は、そんなソンブーンの中でも一番美味しいと評判のソンブーン本店(バンタットーン店)に行き、ソンブーンの代表的な料理『プーパッポンカリー』を食べた感想を紹介します。

体験コメント・感想を募集しています。 皆にあなたのキモチを伝えましょう(^^)

コメントへ移動する

詐欺に注意!ソンブーンに行く前に地図で場所を確認

少々物騒な話しで申し訳ないのですが、まず一番始めに知って頂きたいのが『詐欺』です(>_<)

  • 「ソンブーンに行きたい」と伝えたのに別の店に連れて行かれた。
  • タクシー代金が高額だった。
  • お店とタクシー運転手がグルになって高額な料金を請求された。

この手の情報は、インターネットで検索して頂くとすぐに見つかるはずなので割愛しますが、タイ特有の開放感が影響してしまったのかソンブーン詐欺に一部の日本人が引っかかってしまっています(>_<)

ソンブーン公式サイトでも注意勧告

ソンブーン公式サイトでも以下の通り、しっかり日本語で詐欺について記載されています。

現在、ソンブーンシーフードの名前を偽って勧誘を行うニセ業者がございます。また、タクシードライバーとの協力によりニセのソンブーンシーフードにアクセスするように誘導し被害が発生しております。弊店とは一切関係ございません。弊社の店舗とはバンコク郊外および電車路線沿いにある店舗などはございませんのでご注意ください。

詐欺・騙されない為に/事前対策をしっかりと行おう

  • 事前にグーグルマップで行きたいソンブーン店舗を確認する。※記事の最後に場所を掲載中
  • Grab(配車アプリ)を使う。
  • タクシー移動時は常にスマホでマップを確認し、向かっている場所を把握する。

この先でソンブーンへの一番おすすめの行き方としてGrab(配車アプリ)をおすすめしていますが、その最大の理由こそ『限りなく詐欺に遭遇しない』から。

バンコクでの移動手段は、BTS・MRT・タクシー(車 or バイク)・トゥクトゥク・Grab等の配車アプリがありますが、Grabは現地語を一切話す必要がありませんし、何より面倒な料金交渉の必要なし!

また、上記の画像の通りGrabでの移動中は、常にタクシーの現在地がGrabマップ上に表示されます。

上画像の赤ピンが目的地(ソンブーン本店)

一部ソンブーンは、BTSやMRTから少々歩く必要がある為、一番便利なGrab等の配車アプリを利用して頂き、詐欺を未然に防ぎましょう。

せっかくの海外旅行。

ソンブーン詐欺以外にも共通する話しですが、事前に詐欺に遭遇しない対策をしっかり行って頂き、時間に余裕を持って美味しいプーパッポンカリーを堪能してください(^^)

 

ソンブーン・シーフードレストランの行き方

パターン1:BTS or MRT

■店舗最寄り
  • パンタットーン【本店】BTS:National Stadiumから徒歩10分
  • スラヴォン/BTS:Chong Nonsiから徒歩10分
  • ラッチャダー/MRT:Huai Khwangから徒歩5分
  • ウドムスク/BTS:Udom Sukから徒歩20分以上
  • サムヤニン/MRT:Sam Yan駅チカ
  • セントラル・エンバシー/BTS:Phloen Chit直結
  • サイアム・スクエア・ワン/BTSサイアム直結
  • セントラル・ワールド/BTSサイアム徒歩5分

タクシーやGrabと違い、店舗まで少々歩く必要がありますが、最も安く移動できる手段です。

ただ、ウドムスクに関しては話しが別(>_<)

一応『徒歩20分以上』と記載していますが、慣れない土地・タイ特有の温暖な気候の影響でBTSから徒歩30分以上かかる可能性は非常に高いですね。

パターン2:Grab(配車アプリ)/おすすめ

■メリット
  • 現地の言葉を話す必要なし。
  • 面倒な料金の交渉なし。
  • 目的地(ソンブーン)まで連れて行ってくれる。
  • チップの支払い不要。
※デメリット
  • ※普通のタクシーと比較すると値段が少々高い(数十バーツ程度)
  • 車が来るまで待つ必要あり。※渋滞に捕まってなかなか迎えにこれない場合も。

タクシーより数十バーツ程度値段が高くなってしまうのがデメリット。

また、車が来るまでに多少時間がかかる場合も多く、帰宅ラッシュに捕まってしまうと場合によっては30分程待つこともしばしば(>_<)

ただ、現地の言葉で交渉する必要は全くありませんし、車内でGrab専用マップにて今いる場所は常に確認できますので、詐欺に遭遇してしまう可能性は限りなくゼロと言って間違いないでしょう。

日本にいる間にアプリをダウンロードして頂き、現地SIM・日本から持ってきたWifiをお忘れなく。

Grab App

Grab App

posted withアプリーチ

 

店舗への予約方法/インターネットでサクッと簡単!

この先でも紹介していますが・・・私は一番人気のソンブーン本店に足を運んだ時は一切予約を行っていません。

混み合う時間帯を避けて頂ければ特に予約の必要はない・・・と思いますが、接待や重要な用事等、人数が多い場合は予約しておくと何かと安心ですよね(^^)

予約と聞くと『店舗への電話連絡』をイメージする方が大半ですが、ソンブーンは世界中の旅行者に愛されている人気店。

タイ語が分からなくてもソンブーン公式サイト内の予約ページで簡単に予約できます(^^)

ソンブーン予約手順/タイ国内で使える電話番号が必要

  • 行く店舗をチェックする。
  • 英語で氏名を記入(例:TARO YAMADA)
  • 来店日を記入。
  • 来店予定日時を記入
  • 人数を記入
  • ※個室が必要なら個室にチェックを入れる。
  • 連絡の取れるメールアドレスを記入。
  • 連絡先(電話番号)を記入。

ちなみに、インターネットで予約を行う場合は『来店日時の24時間前』に予約してください。

また、連絡先(電話番号)が必要になりますので、タイ国内で使える電話番号を予め準備しておくと安心ですね(^^)

 

予約なしでパンタットーン店(タイ・ソンブーン本店)に行きました

ソンブーン・シーフードレストラン本店に到着

BTSアソーク付近のホテルからソンブーン本店(パンタットーン店)までGrabを使い、20分程度で到着。

少々渋滞にハマってしまいましたが・・・許容できる範囲ですし何より運転手が気持ちの良い運転をしてくれましたので、プーパッポンカリーを堪能する準備は既に万全!

本店は通りの小道を少々入った先にあり、上画像・左の赤い看板の先にありました。

ちなみに、私は今回予約を行っておらず、完全に突撃体制。

事前情報によると、ソンブーン各店舗の中で一番美味しいと評判が高いのが本店。

ただ、早い時間帯はそれほど混み合っていないとの事なので営業開始時間(16:00)を少し過ぎた16:50に到着&入店しました。

こちらが本店入り口です。

画像中央に見えるのは、おそらく予約者の名前でしょう。

私は予約をしておりませんので、そのまま店内に入りました。

2階に案内される

予約を行っておらず不安でしたが17:00時点では・・・ガラガラ。

店員さんに人数を告げると、全く問題なさそうにそのままの流れで2階に案内してくれました。

  • 1階⇒60席以上。
  • 2回⇒50席以上。

1階については軽く見渡した程度なので紹介した席数より多い可能性が高いのですが・・・早い時間帯なら特に予約しなくても問題なさそうですね(^^)

そして、こちらが私が案内された2階スペース。

見にくいかと思いますが、画像奥にはあの小泉元首相が訪れた際の写真が飾ってあり、嫌でもテンションが高まります!

注文の仕方/日本語表記ありで安心

下の【】をタップして頂くと、画像が文字に合わせてクルクルっと回転します。

メニュープーパッポンカリー
  • Sサイズ=420バーツ
  • Mサイズ=600バーツ
  • Lサイズ=1,200バーツ

2019年8月時の価格

ソンブーンに行く前に、様々な個人ブログを参考にさせて頂きましたが・・・プーパッポンカリーの値段が少々高くなっているが気になりました(>_<)

ただ、ここまで来て注文しないなんておかしな話し。

テキパキ仕事をしている店員さんを呼び、指差しで難なく注文完了!

料理が運ばれてくるまでにプーパッポンカリー用のソースが到着しました。

色味的に激辛かと思いきや・・・とってもマイルド!

このソースを使い、カニ好きなら一度は食べてみたいと願っている本場のプーパッポンカリーの登場をルンルン気分で待ちたいと思います。

蟹カレー(プーパッポンカリー)登場!

タイで一番有名なソンブーン本店・プーパッポンカリー登場

私が注文したプーパッポンカリーのサイズは『Sサイズ』

ただ、2人で食べる分には十分過ぎる量とインパクトでした(^^)

■目安
  • 2人=Sサイズ
  • 4人=Mサイズ
  • 6人=Lサイズ

見てください!

こんなに大きな殻がインパクト満点で入っています(^^)

思った以上にカニカニしていてわざわざソンブーン本店まで足を運んだかいがあります!

ちなみに、私が注文したのは以下の通り。

  • プーパッポンカリー・Sサイズ。
  • にんにく入り空芯菜・Sサイズ。
  • チャーハン・Sサイズ。
  • シーフードの盛り合わせ。
  • ドリンク(2人分)
メインシーフード盛り合わせ

約5分程度ですべての料理が所狭しに並びました!

男性2人ならもう少し量が必要なのかもしれませんが、腹8分目+女性と同伴ならこのくらいの量で十分です(^^)

食べ方は結構難しい/殻なし(ヌアプーパッポンカリー)もおすすめ

テーブルにはカニの殻を割る製品や、フォーク・ナイフがあり、この器具を上手に使ってカニ身を出しながらご飯と一緒に食べる感じです。

プーパッポンカリーにはご飯はついていません。プーパッポンカリー+白米 or チャーハンの注文はマストとお考えください。

ただ・・・思った以上に食べにくい(>_<)

今回は取材がメインだった為、写真映えを意識してカニの殻ありで注文しましたが、食べやすさを優先するなら、殻なし(ヌアプーパッポンカリー)がおすすめですね。

特に何も言わずにプーパッポンカリーを注文すると殻ありになります。
  • 殻あり=プーパッポンカリー
  • 殻なし=ヌアプーパッポンカリー

注文時に『指差し+ヌア』と頼むと対応してくれます(^^)

なんとかカニ身を出しチャーハンと専用ソースをつけていただきます!

・・・予想外でした。

全く辛くなく、むしろ口の中でふんわりと甘みが広がります。

私達が普段から食べているカレーとは少々見た目・味共に違いますが、ふわっふわの卵とカニが予想以上にマッチし、なんとも言えない絶妙な味に変化しました(^^)

上の画像は親指の部分ですね。

プリップリのカニ身をそのまま食べるのもおすすめ!

いい感じにプーパッポンカリーソースが効いていて、日本で食べるカニとは全く違う味。

お口直しに空芯菜もおすすめ!

シャキシャキ感が強く、いい感じににんにくの香りもありびっくりする程にご飯がすすみます・・・。

画像の通り、大きめのにんにくが入っていますがデートでも食べれるように香りは控えめ。

プーパッポンカリーとセットで食べて頂きたい一品でした(^^)

値段/2人で1,800バーツ

  • プーパッポンカリー・Sサイズ。
  • にんにく入り空芯菜・Sサイズ。
  • チャーハン・Sサイズ。
  • シーフードの盛り合わせ。
  • ドリンク(2人分)

気になる値段は、上記の内容で1,800バーツ程でした。

思った以上に量が多く、コスパの良い食事でしたね(^^)

各カード利用可。

私達がキャッシャーに行き支払うのではなく、テーブルですべて会計できます。

2,000バーツ支払い、おつりの内100バーツはチップとして担当して頂いたウェイターさんにあげました(^^)

蟹カレー堪能後/帰りは流れのタクシーを利用

後ほど紹介していますが、ソンブーン本店から最も安い移動手段でもあるBTSへは徒歩10分程の距離があります。

少々遠いのと、お店を後にして少し歩くと目の前にタクシーが止まりましたので、そのままの流れで交渉開始。

「アソークに行きたい」と英語で告げて、タクシーメーターが回ったことを確認してソンブーン本店を後にします。

ちなみに、ソンブーン本店からアソークまでの金額は80バーツ程でした(メーター使用時)

 

ソンブーンレストランの営業時間と場所/2019年12月更新

私が訪れたのは、一番人気の高い『ソンブーン本店』ですが、2019年12月現在バンコク市内には8店舗あります。

滞在先のホテル場所によって行きやすい場所・行きづらい場所があるかと思いますので全店舗の場所をマップ付きで紹介します。

ソンブーン突撃利用の参考にしてください(^^)

ただ・・・やっぱりおすすめは一番有名&美味しいと評判のパンタットーン本店です。

月初めに営業時間等の変更がないかチェックしていますが・・・突如変更される可能性も少なからず考えられます。
当サイトの情報を参考にしていただきながら、詳しい営業時間はソンブーン公式サイトの内容も合わせてチェックしてください(>_<)

パンタットーン【本店】BTS:National Stadiumから徒歩10分

詳細
住所 895/6-21 ソイ チュラ8 バンタットン通りワンマイ小区パトゥムワン区バンコク10330
電話番号 02-216-4203-5
営業時間 16:00-23:30
最寄りBTS or MRT BTS:National Stadium

※2019年12月現在

スラヴォン/BTS:Chong Nonsiから徒歩10分

詳細
住所 169、169/7-12スラウォン通りスリヤウォン小区バンラック区バンコク10500 .
電話番号 02-233-3104
営業時間 16:00-23:30
最寄りBTS or MRT BTS:Chong Nonsi

※2019年12月現在

ラッチャダー/MRT:Huai Khwangから徒歩5分

詳細
住所 167/9-12 フアイクワン交差点ラッチャダーピセーク通りディンデーン区バンコク10320
電話番号 02-692-6850-3
営業時間 16:00-23:30
最寄りBTS or MRT MRT:Huai Khwang

※2019年12月現在

ウドムスク/BTS:Udom Sukから徒歩20分以上

詳細
住所 26 ソイ ウドムスック60 スクムウィット103通りノンボーン小区プラウェット区バンコク
電話番号 02-746-6850-3
営業時間 16:00-23:30
最寄りBTS or MRT BTS:Udom Suk

※2019年12月現在

サムヤニン/MRT:Sam Yan駅チカ

詳細
住所 315、パヤータイ通り、パトゥムワン区、バンコク 10330
電話番号 02-160-5100
営業時間 10:30-22:00
最寄りBTS or MRT MRT:Sam Yan

※2019年12月現在

セントラル・エンバシー/BTS:Phloen Chit直結

詳細
住所 L5-14R号室5階 1031プルンチット通りルンピニ小区、パトゥムワン区バンコク 10330
電話番号 02-160-5965-6
営業時間 11:00-22:00
最寄りBTS or MRT BTS:Phloen Chit

※2019年12月現在

サイアム・スクエア・ワン/BTSサイアム直結

詳細
住所 4階 サイアム・スクエア・ワン、ラーマ1世通りパトゥンワン区バンコク市10330
電話番号 02-115-1401-2
営業時間 11:00-22:00
最寄りBTS or MRT BTSサイアム

※2019年12月現在

セントラル・ワールド/BTSサイアム徒歩5分

詳細
住所 6階 セントラル・ワールド 4、4/1-4/2,4/4 ラーチャダムリ通り、パトゥムワン、バンコク 10330
電話番号 02-090-6602
営業時間 11:00-22:00
最寄りBTS or MRT BTSサイアム徒歩5分

※2019年12月現在

さいごに/バンコクに来たら是非ソンブーンで蟹を堪能しよう

行く前は『詐欺』等、物騒な話しをネット上で確認し少々不安でしたが、Grabを使いましたので全く不安なく、思う存分プーパッポンカリーを堪能できました!

ただ、Sサイズでも後半につれて飽きてくる味でもあります(>_<)

個人的には、プーパッポンカリーはSサイズでカニカレー以外の料理を多めに頼むのがおすすめです(^^)

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました