NEW POST
通知エリアサンプル
カニの味噌汁

カニの味噌汁レシピ(残った足で)カニマニアおすすめ方法【画像・動画多数】


この記事では、数あるカニ料理の中でも最も素材の味を体感できる『カニの味噌汁』を紹介します。

そして、この記事で紹介する味噌汁レシピは以下のように『パパッと』作りたい方との相性抜群です!

  • 手間を出来る限りかけたくない
  • でも美味しく食べたい・臭いカニの味噌汁は嫌だ
  • 細かい料理が苦手な男性
  • 昨晩の残りでなんとか作りたい

必要最低限の調理工程で、美味しいカニ汁を堪能してください(^^)

スライドできます
カニの味噌汁の作り方・その1
【1】

カニ足の殻を鍋に入れて軽く炒める
カニの味噌汁の作り方・その2
【2】

水を入れて沸騰した鍋に調理酒イン
カニの味噌汁の作り方・その3
【3】

沸騰したら火を弱めて弱火でじっくり
カニの味噌汁の作り方・その4
【4】

後は普段のお味噌汁作成と同じ手順
カニの味噌汁の作り方・その5
【5】

普段お使いの容器に入れて完成です

超・時短のカニ味噌汁レシピ手順

\ タップで詳細チェックできます /
毛ガニの味噌汁紅ズワイガニの味噌汁

カニの味噌汁の作り方・その5

濃厚なカニエキスが溶け込んだカニの味噌汁レシピは、実はびっくりする程簡単!

数点気をつけるべきポイントがありますが、普段から日常的に料理をしてる方なら知っている内容ばかりだと思います(^^)

材料
  • カニの足(ズワイやタラバ・その他のカニでも可)
  • 調理酒
  • 普段からお使いの味噌
  • 具材(ネギや大根等)
作り方
  • 軽く洗ったカニの足を鍋に入れて炒める(※だしの為に必須)
  • お水を入れて沸騰させる
  • 沸騰させた後に調理酒を適量入れる
  • 沸騰したら弱火にしてアクを取りながら10分〜20分程煮込む
  • 火を止め味噌・具材を入れる
  • お好きな容器に入れて完成

そしてカニの味噌汁を美味しくいただく為のポイントは【1】と【3】

この2つの知っておくべきポイントを詳しく解説しますね(^^)

ポイント1:始めにカニの足を炒める

カニの味噌汁の作り方・その1

カニの味噌汁の醍醐味でもある『カニのだし』

このだしを効率的に取る方法として、お水と一緒に煮込む方法と始めに軽く炒める方法があります。

どちらも一長一短ですが、当サイトが推奨しているのは『サクッと簡単に』作れる方法。

始めに軽く炒めるだけで、驚く程短い時間でカニのエキスが味噌汁に染み込みます。

軽く炒める
  • 時間=短い
  • アク=出にくい
  • 味=
煮込む
  • 時間=長い
  • アク=出やすい
  • 味=

特に急いでいないなら、前日からじっくりカニの殻を煮込む方法もおすすめです。

ポイント2:臭みは調理酒で消す

カニの味噌汁の作り方・その2

カニの味噌汁を初めて作る方が一番失敗・忘れやすい下処理。

足部位なら極論調理油を入れなくても美味しいのですが、微妙にカニ特有の『つーんっ』として臭みが残っています(>_<)

味噌汁や具材を入れる前に調理酒で臭みを取り除いておきましょう。

 

カニ汁の注意点

エラ(ガニ)は取り除く

\ タップで詳細チェックできます /
エラありエラなし

当記事では、刺身やカニ鍋で残った足を使う材料として使う方法を推奨していますが、最近では1匹丸々のカニを入れるご家庭も増えています。

好みが別れる部分でもありますが、個人的にもかにみそ特有の磯の香りと味噌汁との相性は抜群だと(^^)

ですが、仮に姿状態のカニを入れるなら、上画像のブヨブヨした部位・エラは取り外してください(>_<)

  • エラ=カニの濾過部位
  • 細菌の巣窟になっている可能性あり
  • 〆ると一番始めに腐敗してしまう部位

甲羅を開けると左右にエラがありますので、このエラを外してからお鍋に入れてください。

ですが、一応〆た直後のカニのエラなら食べることも出来ます(^^)

 

さいごに

カニの味噌汁の作り方・その5

過去毛ガニ・ズワイガニ・紅ズワイガニをカニの味噌汁にして頂きましたが、どの食用カニも味噌汁との相性抜群!

参考にして頂けると嬉しいです(^^)

材料
  • カニの足(ズワイやタラバ・その他のカニでも可)
  • 調理酒
  • 普段からお使いの味噌
  • 具材(ネギや大根等)
作り方
  • 軽く洗ったカニの足を鍋に入れて炒める(※だしの為に必須)
  • お水を入れて沸騰させる
  • 沸騰させた後に調理酒を適量入れる
  • 沸騰したら弱火にしてアクを取りながら10分〜20分程煮込む
  • 火を止め味噌・具材を入れる
  • お好きな容器に入れて完成
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました