NEW POST
通知エリアサンプル
カニの正しい数え方

カニの数え方【クイズ付き】匹・杯・尾の使い分けを例題付きで解説


カニを購入する時に気になる数え方。

ただカニをおいしく食べるだけなら特に気にする必要はありませんが、なんだかモヤモヤしますよね(>_<)

その理由は『情報サイト・テレビによって数え方が違う』から。

そこでこの記事では一般的に正しいと言われるカニの数え方を完全解説致します!

 

海から水揚げされたばかりカニの数え方は?

  • 【1杯】に決まってる
  • 【1尾】だ
  • 【1匹】が正しい

正解!正解!

不正解!不正解!

【1匹】が正しい

一般的に生きている状態(調理前)のカニは【匹】と言います。

この記事では【数え方の辞典 単行本 – 2004/3/1 飯田 朝子 (著), 町田 健 (監修)】を参考に作成致しました。

カニの数え方は専門家の間でも別れる

ちなみに、実は専門家の間でも『カニの数え方』に関しては意見が別れています。

例えば、山陰地方(鳥取・島根・兵庫県日本海側)では、一枚・一匹と言わず『一枚』と呼びます。

実際に某カニ旅館では『ズワイガニ贅沢2枚会席プラン』と称して広告を流しているのを確認できました。

一般的に正しいカニの数え方

  • 一部地域では冒頭で紹介した数え方以外で呼ぶ
  • 専門家の間でも意見で別れることがある

この前提条件を理解していただいた上で『一般的に正しいと言われるカニの数え方』を紹介します。

この先で紹介する数え方が一般的な数え方なので、紹介する通りに覚えていただければ恥ずかしい思いはしなくて済みますよ(^^)

  • 生きてる状態のカニ=1匹いっぴき
  • 食用のカニ(食べる前)=1杯いっぱい1尾いちび
  • 肩や足部分のみ=1肩ひとかた

生きてるカニは【匹】

カニ旅行や、大手デパートのカニ売り場等でしか見かけることのない生きた状態のカニ。

その為、あまり呼ぶ機会がないかもしれませんが一般的に生きてる状態のカニは【匹】と呼びます。

食用のカニは【杯】【尾】

冷凍毛ガニ・解凍前

  • 冷凍された状態のカニ
  • 茹でる前のカニ
  • お刺身用のカニ

『食べる前の状態』のカニの事を杯・尾と呼び、一般的には杯と呼ぶケースが多いです。

肩と足部分は【肩】

香住ガニ(紅ズワイガニ)

  • 甲羅のみ外した状態
  • 安い値段で購入できるケースが大半。

甲羅部分がない状態のカニ(肩肉と足がある状態)を【肩】と呼びます。

大人気のカニ味噌がないのは残念ですが、その分リーズナブルな値段で購入可能。

カニ鍋・しゃぶしゃぶ等の蟹身のみが必要ならこちらの肩部分でも十分ですよね(^^)

余談ですが、紅ズワイガニの解禁を祝った香住カニまつりに行った時に、紅ズワイガニ1肩500円で特売されていました(^^)

個人的に狙い目・おすすめの状態のカニです!

 

カニの数え方【クイズ付き】

では、最後に確認の意味を込めて『カニの数え方クイズ』を行います!

カニの数え方・復習編

生きてるカニの数え方は

  • 1匹いっぴき
  • 1肩ひとかた
  • 1杯いっぱい

正解!正解!

不正解!不正解!

1匹いっぴき

肩肉と足部分の数え方(半身)は

  • 1肩ひとかた
  • 1杯いっぱい
  • 1匹いっぴき

正解!正解!

不正解!不正解!

1肩ひとかた

食用のカニは

  • 1杯いっぱい
  • 1匹いっぴき
  • 1肩ひとかた

正解!正解!

不正解!不正解!

1杯いっぱい

カニの数え方・実践編

デパートに行った時に水槽に大きなカニが【5杯】もいた!

  • 正しい
  • 間違い

正解!正解!

不正解!不正解!

間違い

水槽に大きなカニがいたなら生きている状態のカニ。生きてる状態のカニは【匹】と呼びます。

通販でまるまる大きい冷凍ズワイガニが【5肩】で10,000円の特売中!かなりお得なチャンスだから購入しておきたい

  • 間違い
  • 正しい

正解!正解!

不正解!不正解!

間違い

まるまる大きいとの言葉から連想するカニは甲羅付きのカニ。つまり【杯】が正しい呼び方。

さいごに

かに本舗さんの毛ガニ2匹

例え間違っていても意味は通じますが、カニを購入・食べるなら知っておきたい『数え方』

正しく理解して頂き、カニの知識を一緒に深めていきましょう(^^)

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました