NEW POST
通知エリアサンプル
カニビルの卵

蟹の甲羅に黒いぶつぶつの正体はカニビルの卵/美味しい証と気になるアレコレ【グロ画像&動画】


  • 高級ガニを買ったら甲羅にぶつぶつが付着してる
  • なんだかキモい黒い点々がたくさんあってショック
  • 返品したいと連絡したのに返品不可でムカつく

カニ界の王様でもあるズワイガニ。

そんなズワイガニを食べようと、カニ旅行や通販で注文すると結構な確率で『黒いぶつぶつ』を見かけるかと思います。

見た目的にあまり良いモノではありませんし、なんだかテンション下がりますよね(>_<)

ですが、この黒いぶつぶつは『美味しいカニの証明』でもあります!

それでは、そんな黒いぶつぶつについて詳しく説明していきますね(^^)

 

記事の要点
  • 黒いブツブツはヒルの卵の殻
  • 一般的には美味しいカニの証と言われている
  • タワシで擦ると取れる
  • カニビルを外してから鍋に入れたほうがアクが出にくい(※旅館従業員談)

甲羅に付いてる黒いぶつぶつ(点々)=カニビルとは

カニビルの卵

詳細
環形動物門ヒル綱ヒル亜綱吻ヒル目ウオビル科カニビル属
ヒルの一種の卵

・・・言葉だけ聞くと『やばいモノ』と勘違いしてしまいそうですが、黒いぶつぶつはカニビルと呼ばれるヒルの仲間の卵です。

カニビルの卵は、泥や柔らかい場所に産み付けることが出来ず固い土台が必要になります。

その固い土台として選ばれているのが『カニ』

つまり、カニに寄生しているのではなく、固いカニの甲羅にヒルの一種の卵がくっついてるという事になります。

  • カニビルさんが卵を生みたくて徘徊
  • カニを発見
  • カニの一番固い部分でもある甲羅に目をつける
  • カニビルさんが甲羅に卵を産み付ける
  • カニビルさん満足してどこかに消える

カニビルについて知らないと『何かに感染されたカニ』と勘違いしてしまいそうですが、甲羅部分に卵が付着しているだけです(^^)

また、この先でも紹介していますがくっついてる卵は、既に孵化した後。

仮に孵化していない卵でも、卵は外部からの刺激に非常に弱いので茹でたり冷凍させる等、調理工程でほぼ死滅します。

日本海に生息するズワイガニに付着したヒルの卵

ちなみに理由は不明ですが、実は日本海で水揚げされたカニにのみカニビルの卵が付着しています。

日本海側のカニと言えば、越前ガニや松葉ガニ等が有名ですね。

太平洋で水揚げされたカニには付着しておらず、まだまだ謎の多いヒルの一種でもあります。

あくまで予想ですが、ズワイガニの生息地と水温が関係している説が濃厚。

かに本舗さんの毛ガニ2匹

実際に数多くの毛ガニを通販・現地で購入してきましたが、毛ガニにカニビル付着はほとんど確認できませんでした。

付着率
ズワイガニ
紅ズワイガニ
タラバガニ
毛ガニ

ズワイガニのメス・カニビル

余談ですが、ズワイガニはメスとオスでサイズや値段等が大きく変化し、カニビルが付着している量も平均するとズワイガニのオスが多いですね。

上の画像は、そんなズワイガニのオスより一回り小さいメスのズワイガニ。

オスのズワイガニより甲羅が小さい為、カニビルが大きく見えますね(^^)

 

カニビルがついたカニは美味しい味がすると言われる理由

  • 黒いつぶつぶはカニビルが産み落とした卵
  • 水揚げされる前に既に孵化してる
  • 外部からの刺激に非常に弱い
  • 日本海側のズワイガニに多く付着してる

上記の特徴を持つ黒いぶつぶつしたカニビルの卵。

『卵』と聞くとかなり気持ち悪いのですが、冒頭でも紹介した通り、カニビルの卵が付着した卵は『美味しい』と言われています。

実際にカニが解禁され初競りにズワイガニ達が初競りにかけられていますが、1匹100万円以上する超・高級ガニでも甲羅にカニビルが付着していますし。

そんなカニビルが付着している=美味しいと言われいてる理由は以下の2つです。

  • 脱皮してからの期間が長い目安になる
  • カニビルは固い甲羅にしか卵を産みつけない

脱皮してから期間が長い可能性が高い

  • ※カニは脱皮してから時間が経過している程身が締まった状態
  • ※つまり、身が多く美味しい。
  • 脱皮から時間が経過してるカニには多くの卵の空が付着してる可能性が高いと判断できる

脱皮(だっぴ)とは、ある種の動物において、自分の体が成長していくにつれ、その外皮がまとまって剥がれることである。昆虫を含む節足動物、爬虫類、両生類などに見られる。

つまり、当然ですが脱皮して間もないならカニビルは付着していません(^^)

また、甲羅がふにゃふにゃして柔らかい状態だと仮にカニビルが卵を産み落としたとしても水流の流れに負けてしまい、卵が流されてしまいます(>_<)

  • 甲羅が固い
  • 脱皮してから時間が経過している可能性が高い
  • ※つまり美味しい可能性が高い

豆知識として知っておいて損はしないでしょう。

あまり関係ないとの意見も

ですが『カニビルが多く付着してる=おいしいカニ』は都市伝説との意見もチラホラあります。

  • カニは脱皮してから約半年間かけて身がしっかり締まる
  • 半年以内にカニビルが卵を産み付ける可能性も十分考えられる
  • カニ業者の手作業を増やさない為(?)

一般的に多く言われているのが、上の3つの理由。

この辺はカニ業者でも正確な理由はわかりませんので、当サイトではこれ以上深く言いませんが、確かに【3】の意見は結構信憑性が高いのではないでしょうか?

カニのベストシーズンは冬。

冬になると通販業者・カニ旅館・民宿を初め、多くのカニ関連事業が大忙しになります。

1杯・2杯程度ならカニビルをサクッと外せば良いのですが、ベストシーズンになると毎日数千杯のカニを扱うことになります。

数千杯のカニビルをひとつひとつ丁寧に外している時間・人件費のことを考えてしまいますよね(>_<)

また、カニビルが付着してようと味には全く関係のない部分。

・・・

つまり、美味しい基準・関係ない等の対局の意見がありますが、結論はカニビルを過剰に気になる必要はありません!

また、カニビルは私達でも簡単に剥がすことが出来ます(^^)

どうしても気になるなら、この先で紹介中のカニビルの剥がし方動画を参考にしてくださいね!

 

カニビルを剥がす【実践動画付き】

カニビルのどアップ画像

それでは、実際に本ズワイカニに付着しているカニビルを剥がしてみましたので、簡単な手順を紹介します。

ですが『手順』といいましたが、実はとっても簡単ですよ(^^)

用意するモノ

ナイロン製のタワシ

  • たわし(ナイロン製がおすすめ)
  • 手袋(無くても問題なし)
  • 水道水

『タワシ=学校等で見かけた茶色のアレ』とイメージする方が私含めて大半かと思います。

ですがあのタワシは、結構柔らかくてカニの関節や隙間に入り込んでしまうことが多く、あまりおすすめ出来ません(>_<)

YATSUYA マジカルナイロンたわし 12514

YATSUYA マジカルナイロンたわし 12514

495円(12/13 05:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

こんな感じの固いナイロン製のタワシをおすすめします!

カニビルの剥がし方/作業風景を動画撮影

  • 固めのナイロン製タワシを準備(安いモノで可)
  • 軽く表面を濡らしておく
  • カニビルをゴシゴシ
  • 落ちなかったカニビルは爪で剥がす

この動画は実際にカニ旅館で働いている友人から提供してもらった剥がし方。

少々原始的ではありますが、タワシでゴシゴシ落とすのが一番簡単とのことでした(^^)

 

黒くてキモいつぶつぶ【カニビル】Q&A

カニビルは食べれるのか

  • カニビルは食べれるが食べるが、わざわざ食べる必要なし
  • カニビルが付着したカニは普通にそのまま食べれる

紹介の通り、カニビルの卵は既に孵化しているか死滅してる場合が大半。

気になるようなら、先程の動画を参考にして頂きながらたわしでゴシゴシ剥がしてください(^^)

また、ヒルの一種でもあるカニビルはカニ自体に感染しているわけではなく『カニの甲羅に卵を産み落としてるだけ』です。

思い思いのカニの食べ方で思う存分味わってください(^^)

カニビルは孵化して成虫になるのか

カニビルの孵化

非常に珍しい孵化した成虫の動画を発見しました。

つまり、この動画の通りカニに付着したカニビルの卵は孵化する可能性がありますが、カニビルの卵は外部からの刺激に非常に弱いです。

  • 圧縮
  • 加熱
  • 運搬中に卵が外れる
  • 寒さ

つまり、カニを食べることが目的でカニを購入した場合、茹でたり様々な刺激を自然と与えることになりますので、その過程で全ての卵は死滅してしまうとお考えください。

少なくとも私達が食べている時に孵化することは考えられないと断言出来ます。

仮にどうしても心配なら、先程紹介したカニビル卵の外し方で落としましょう。

 

さいごに/気持ち悪いブツブツは安全【簡単に剥がせる】

  • カニの甲羅に付いてる黒いぶつぶつはカニビルの卵
  • 日本海に生息しているズワイガニに多く付着してる
  • カニビルの卵が付着したカニは美味しいと言われている
  • たわしで擦れば簡単に剥がせる
  • 既に孵化、もしくは死滅している可能性が高い
  • カニビルが付着=カニに感染しているわけではない

初めてカニビルの卵を見ると、ちょっとビックリしてしまいますよね。

ですが、カニ名産地出身の私からすると、カニビルの卵はそこに普通にあるモノでした。

見た目的にはアレですが、気にする必要は全くありません!

安心しておいしいカニを思う存分味わってください(^^)

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました