NEW POST
通知エリアサンプル

生と冷凍ガニの茹で方【まとめ】茹で時間はカニの状態によって大きく違う


カニを買う時って値段や食べ方・料理の材料ばかりに意識が向かってしまい、案外茹で方を知らない・知る必要がないと考えている方が多いように感じます。

確かに値段や食べ方は非常に重要なポイントですが、正しい茹で方を知らないとせっかくの高級食材・カニが台無しになってしまう可能性大です(>_<)

そこで、この記事では実際に生のカニを茹でた時の様子を写真と簡単な動画にしながらわかりやすく紹介します!

合わせて冷凍状態のカニの茹で方や、失敗しがちな注意点についても説明していきますね(^^)

\ 活カニの茹で方【まとめ】 /
スライドできます
茹でる前に冷水で動かなくなるまでつける
【1】

動かなくなるまで真水に入れる
ズワイガニの表面
【2】

タワシで付着した汚れを軽く落とす
甲羅を下にして沸騰した鍋に入れる
【3】

甲羅を下にして沸騰した鍋に入れる
吹きこぼれに注意しながら茹でる
【4】

吹きこぼれに注意しながら茹でる
茹で上がった松葉ガニ
【5】

20分から30分程茹でたら完成
\ タップで詳細チェックできます /
ボイル冷凍ガニの茹で方生冷凍ガニの茹で方

既に専門知識を有するプロが茹でてるから必要なし。

流水解凍 or 冷蔵庫で解凍。

  • ビニール袋・ジップロック等に冷凍状態のカニを入れる
  • 水をいれたボウルの中に[1]を入れる
  • 水道水をチロチロ出しながらゆっくり解凍する
  • カニの状態を確認しながら解凍完了※目安は30分程
  • タワシ等で汚れを落とす
  • 事前に沸騰させておいた鍋に甲羅を下にして入れる
  • 再沸騰したら蓋をして中火で茹でる
  • 20分から30分程茹でて完成

活カニの茹で方【完全解説】

それでは、実際にカニを茹でた時に撮影した画像や動画と一緒に詳しく説明しますね。

ちなみに、今回茹でたカニはオスのズワイガニ(松葉蟹まつばがに)です。

塩を入れた鍋に火をかける

塩の量は鍋のサイズやカニの量によって変化しますので一概には言えないのですが『海水程度のしょっぱさ』が一番おすすめ。

カニを入れた状態で水に火をかけるのではなく、沸騰した状態の鍋にカニを入れます。

沸騰するまでに時間がかかりますので一番初めに準備しておきましょう。

カニが動かくなるまで真水に入れる

茹でる前に冷水で動かなくなるまでつける

初めてだとグツグツ沸騰した鍋にそのまま元気の良いカニを入れてしまいがち。

ですが、仮にそのまま活きた状態のカニを入れてしまうとカニが脚・指の全てを切り離してしまい、味の劣化に繋がります(>_<)

  • カニがしっかり入る入れ物を準備
  • 入れ物の中に真水(水道水)を入れる
  • その中に動かなくなるまでカニを入れる
  • ※30分程経過してまだ動くなら氷を入れる

また、仮に微妙に動いていてもふんどしがお腹から離れていたら(浮いていたら)仮死状態と判断できます。

味の劣化を未然に防ぐ為に真水内で放置してください。

タワシで汚れを落とす

ズワイガニの表面

次に自宅にあるタワシでカニに付着してる汚れを落とします。

この時にカニビルもタワシや爪で擦ると良いですね。

見た目的に何かに寄生されているように思えて仕方ないカニビルですが、甲羅に付着してるだけで人体への悪影響は全くありません。
よって必ずしもタワシで外さなくても大丈夫です。

沸騰した鍋に甲羅を下にした状態でカニを入れる

甲羅を下にして沸騰した鍋に入れる

美味しいカニ部位の中でも特に人気の高い『カニ味噌』

甲羅を上にした状態でカニを茹でてしまうと、せっかくのカニ味噌が溶けて鍋内に流れ出してしまう危険性があります(>_<)

必ず甲羅を下にした状態でゆっくり沸騰した鍋に投入してください。

再沸騰後に蓋をした中火で煮込む

  • カニを入れるとカニの温度で一度温度が下がる
  • 数分後に再度沸騰する
  • 吹きこぼれに注意しながら20分〜30分程茹でる(放置する)

カニを沸騰した鍋の中に入れると、ほぼ茹でる作業工程は終了しています。

後は、吹きこぼれに注意しながら20分〜30分程茹で続けるだけです(^^)

吹きこぼれに注意しながら茹でる

ちなみに、茹でる時のポイントとしてカニの浮き上がりに注意してください。

仮に浮いた状態(熱湯に浸かっていない場所)があると、その部位だけ黒く変色します(>_<)

上の画像のように落し蓋やおもり等を置くと良いですね。

茹であがった直後のカニは察しの通り、非常に熱い為軽く冷ましてから調理してください。

 

冷凍ガニの茹で方

近年のカニ通販サイトでは、私達のような素人でも扱いやすいように活きた状態のカニではなく『冷凍状態』で販売されているケースが増えてきました。

そこで気になるのが冷凍状態のカニの茹で方だと思います。

当サイト以外にもカニの茹で方を丁寧に解説していますが、残念ながら冷凍ガニの茹で方についてはほぼ確認出来ませんでした(>_<)

それもそのはず。

冷凍ガニは、冷凍する前の処理によっては茹でると味が著しく劣化してしまうからなのです。

ボイル冷凍は冷蔵庫解凍・生冷凍は流水解凍+茹でる

ボイル冷凍

かに本舗さんの毛ガニ2匹

生冷凍

冷凍される前のカニの状態
既にボイル(茹でた)カニ 手を加えてない状態
茹で
不要
解凍後可
流水解凍
冷蔵庫解凍

通販サイトで購入する時に『ボイル冷凍 or 生冷凍』なのか事前に確認できます。

ちなみに、私は以下のようにボイル冷凍と生冷凍の両方を購入したことがあります。

スライドできます

北国からの贈り物さんからボイル冷凍毛ガニを購入

冷凍タラバガニを解凍中

かにまみれさんから生冷凍タラバガニを購入

冷凍毛ガニ・解凍前

かに本舗さんからボイル冷凍毛ガニを購入

気になる選び方ですが、最近の傾向は私達で茹でる必要のないボイル冷凍ガニが好かれていますね。

ボイル冷凍ガニは茹でない

ボイル済み冷凍ガニとは、その呼び名の通り一度ボイルしたカニ。

つまり、私達が解凍後に茹でてしまうと冷凍前と解凍後の2回茹でたと同義。

2回茹では味が非常に劣化する為基本的にNG。

仮に茹でて食べたい場合は、生冷凍ガニを購入しましょう。

ちなみに、こちらの毛ガニの目的別解凍法【急ぎ or おいしい】溶かし方とダメな解凍方法でも紹介の通り、以下のような解凍方法は間違いです。

  • 電子レンジで解凍
  • 冷凍状態のまま茹でて解凍
  • 常温(部屋の温度)で解凍

解凍する時は流水解凍 or 冷蔵庫でじっくりゆっくりと解凍するのが正しい解凍方法になります。

生冷凍ガニの解凍から茹で方の手順

\生冷凍ガニの解凍方法/
スライドできます

【1】

ビニール袋の中にカニを入れる
タラバガニのフルシェイプを流水解凍
【2】

水道水をちょろちょろ流す
解凍後のタラバガニ
【3】

30分〜40分程でほぼ解凍できる

7割程流水解凍・残りは冷蔵庫解凍も良い

本来、冷凍ガニの解凍方法は『冷蔵庫でじっくり』が一般的。

ですが、生状態の冷凍ガニは劣化が非常に早く、出来る限り早く解凍することが何よりも重要になります(>_<)

そこでなるはやで解凍できるのが流水解凍!

なんと流水解凍なら、約30分〜40分程で解凍出来ます!

ただし、解凍の全てを流水解凍にしてしまうと旨味成分でもあるカニエキスがお水と一緒に流れしまいますので、7割程解凍した後冷蔵庫で数時間の解凍がベストです。

解凍後は、冒頭で紹介した活カニの茹で方と手順は同じ。

塩を適量入れた鍋にカニを入れましょう。

 

さいごに

  • 生のカニ=茹でる
  • 生冷凍ガニ=茹でる
  • ボイル冷凍ガニ=茹でない※茹でる必要なし
\生冷凍ガニの解凍方法/
スライドできます

【1】

ビニール袋の中にカニを入れる
タラバガニのフルシェイプを流水解凍
【2】

水道水をちょろちょろ流す
解凍後のタラバガニ
【3】

30分〜40分程でほぼ解凍できる

7割程流水解凍・残りは冷蔵庫解凍も良い
\ 活カニの茹で方【まとめ】 /
スライドできます
茹でる前に冷水で動かなくなるまでつける
【1】

動かなくなるまで真水に入れる
ズワイガニの表面
【2】

タワシで付着した汚れを軽く落とす
甲羅を下にして沸騰した鍋に入れる
【3】

甲羅を下にして沸騰した鍋に入れる
吹きこぼれに注意しながら茹でる
【4】

吹きこぼれに注意しながら茹でる
茹で上がった松葉ガニ
【5】

20分から30分程茹でたら完成

知らないと難しく感じるカニの茹で方ですが、ご紹介の通り身構える必要はありません。

ざっくり説明しますと、以下の3つの工程で完了します。

  • 塩入れ沸騰鍋にきれいなカニを入れる。※姿時は甲羅を下に
  • そのまま20分〜30分程茹でる
  • 完了。※茹で上がってから冷水をかけると身離れが良くなる

そして、失敗しない為の注意点として覚えてもらいたいのが以下の点です。

  • カニが動かくなる or ふんどしが浮くまで真水にあてる
  • カニがまるまる入る大きめの鍋で茹でる
  • カニの一部が外に出てると黒く変色する為、おもりや蓋を用意する
  • 既にボイルされたカニを再度茹でるのはNG

ご利用の参考にしてください(^^)

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました